採用の条件

<生徒さん>
「ソラフィッシュで働かせていただくには
 どんな条件があるんですか?」

 

<社長>
「マインドです。」

 


<解説>
ドラマ「スクールウォーズ」から引用しますね。
--------------------------------------
滝沢先生「星、ちょっと待て。
     お前、ラグビーにとって一番大事なものは何だと思う?」

 

星   「1にタックル 2にタックルです。」

 

滝沢先生「そりゃ、技術的なことだろ。
     その前にもっと大事なものがあるだろう。

 

     お前らにも言っておく。
     ラグビーにとって一番大事なものは思いやりだ。」

 

部員達 「思いやり?」

 

滝沢先生「そうだ。
     いいか、パスを取る。
     相手がどんなボールを欲しがっているか、それを思いやって、
     相手が一番取りやすいボールを投げてやる、
     これが一番いいパスだ、そうだろ?」

 

    「イソップがまだ胸元のボールしかキャッチできないのお前も知ってるだろう?
     だったら、こいつが取りやすいボールをこのへんに投げてやれよ、なっ。」

 

星   「だけど、こいつ1人のために練習メニューは遅れっぱなしです。
     先生、俺、ラグビー部に入ってがっかりしてるんです。

 

     ゴールポストさえないし、その上こんなレベルの低い奴に合わせてたら
     チームは100年経ったって強くなれっこないです。

 

     はっきり言って、イソップにはもうやめて欲しいです。」

 

部員達 「星...」

 

星   「いえ、イソップがやめないなら俺がやめます。」

 

滝沢先生「星、お前本気で言ってるのか?」

 

星   「そうです。 先生、はやく決めてください!」

 

滝沢先生「俺は誰もやめさせたくない。
     しかし、あえてどちらかを選べというんだったら、
     素質の優秀なお前よりも、イソップを選ぶ」

 

(略)
滝沢先生「いいんだ、イソップ。
     俺は正直言って、お前が3日でやめると思ってたんだ。
     しかし、お前は1日も練習を休まなかったし、遅刻もしなかったな。
     それに、お前はみんなが嫌がる下準備や後片付けを黙々とやってた。
     運動能力はともかくラグビーを愛する気持ちは誰にも負けない。
     お前は立派なラガーマンだよ。
--------------------------------------

 

ソラフィッシュという会社も
このお話と共通するところがあります。

 

スキル以上にマインドを求めています。

 

 

 

関連する記事はこちら