vol.48「チューリップ」

────────────────────────────────
vol.48「チューリップ」
────────────────────────────────

 

こんにちは。
清水 空(Sola Shimizu)です。

 

暖かくなりましたね。
散歩をしていたら、ある幼稚園の前にチューリップが咲いていました。

 

この春に入園したばかりの子供でしょうか。
「おうち帰る~」と泣いています。

 

31年前の私みたいです。
知らない子供達ばかりで全然なじめず、いつも一人で外を見ていました。

 

ちょうどその頃、母からチューリップを教えてもらいました。

 

母からはたくさんの花を教えてもらって、よく一緒に育てましたが、
最初に教えてもらったのはチューリップだったと思います。

 

「楽しいことばかりじゃないけど、みんな幼稚園に行かなくちゃいけないんだよ。」
「これはチューリップっていう花。」
「今度、幼稚園に持って行ったらみんな喜ぶかもよ。」

 

幼稚園の片隅で泣いていた私は、それをきっかけにみんなと仲良くなれたような気がします。

 

 

その後、29歳のときに初めて知ったのですが、
チューリップの花言葉は「愛」でした。

 

母から教えてもらったのは、チューリップという花だけでなく、
もしかすると「愛」だったのかもしれません。

 

 

人として大切なもの。
チューリップを見るたびにそれを思い出します。

 

一人でも多くの人のココロに
チューリップの愛が咲きますように。

 

 

—————————————————-
♪あなたのココロに届けたいもの
—————————————————-

関連する記事はこちら