vol.11「Be, Do, Have あなたの順番は?」

今日は敬老の日ですね。
あるお金持ちの人に教えてもらった言葉を思い出しました。

「ホリエモンはライブドア事件で信用を失くした。
ビジネスの世界で再起するのは難しいだろう。
でも、資産数億円を築いているから、
何もしなくても利息だけで何不自由なく暮らせている。
彼は成功者と言っていいだろうね。」
「君は老後のことを想像したことはあるかい?
今のようにバリバリ働いていられないだろう。
働けなくて、年金や社会保険も崩壊寸前で当てにならない。
その上、年を取れば医療費だってかかる。
それまでに、資産を築いておかなくちゃ。」

お金を得る(Having)。
そうすれば、何不自由なく暮らせる(Doing)。
だから、幸せを感じられる(Being)。

本当にそうでしょうか?

ある男性のお話しです。
彼は若い頃、お金に恵まれていた時期がありました。(Having ○)
仕事もプライベートも好きなことをして暮らせました。(Doing ○)
しかし、幸せを感じられませんでした。むしろ、孤独で毎日が辛かったです。(Being ×)

あるとき、彼はお金を一切失う状況になりました。
もちろんお金に頼っていた今までの行動はできなくなりました。
そんなときにカウンセリング・ルームに足を運んだそうです。

カウンセリングを受けた彼は、自分の足りないところではなく、残っている部分、つまり足りているところに目が向くようになり、気持ちは随分とラクになりました。
自然に笑うことも増えたそうです。
小さいながらも幸せを感じる時間が徐々に増えてきました。(Being ○)
幸せそうにしている彼のまわりには、少しずつ新しい友人が増えてきて、楽しく暮らせるようになってきました。(Doing ○)
その人間関係から、仕事も増えて、お金にも困らないようになりました。(Having ○)
あとは、Being/Doing/Havingの3つの繰り返しと相乗効果が続いて現在に至っているそうです。

生き方は人それぞれです。
Having→Doing→Beingと目指すのもいいでしょう。

ただ、アルファベットの順番通りB→D→Hのほうが自然に感じられるというのが、多くの方の相談を受けてきた私の素直な感想です。

もし、H→D→Bを目指していて、うまくいっていない人がいたら、アルファベット順に自然に考えてみてもいいかもしれませんね。

敬老の日ですから、幸せそうにしているお年寄りに、その秘訣を聞いてみてもいいかもしれません。
「お年寄りは図書館」という言葉があるくらいですから。

P.S. 今年、私はあるビジネスの中断により、200万円ほどの損失を被りました。
   私の総資産から考えると大打撃です。
   でも友人・知人達の応援や励ましのお陰もあって、不幸とは感じず、
   むしろ、そういう人達に恵まれていることを実感して幸せな気持ちでいられます。
   このメルマガを読んだり、感想を下さったりする方々にも支えてもらっています。
   いつもありがとうございます。
   改めて今日お礼を言わせてください。

http://solanoiro.com/

関連する記事はこちら