vol.9「頑張ってもいいとき、わるいとき」

人には「頑張る」ときってありますね。

頑張って何か新しいことをしよう!と。

でも、それにはタイミングがあります。

その目安として、ストレスを数字にしたものがあります。

1967年に、HolmesとRaheによって発表された「社会的再適応評価尺度」というのがそれです。

あなたに起こった最近の出来事とストレス値を足してみてください。

< 社会的再適応評価尺度 >
順位 出来事   ストレス値
1位 配偶者の死    100
2位 離婚        73
3位 夫婦の別居     65
4位 留置所などへの拘留 63
5位 家族の死      63
6位 ケガや病気     53
7位 結婚        50
8位 失業        47
9位 婚姻上の和解    45
10位 退職        45
11位 家族の病気     44
12位 妊娠        40
13位 性の悩み      39
14位 新しい家族が増える 39
15位 転職        39
16位 経済状態の変化   38
17位 親友の死      37
18位 職場の配置転換   36
19位 夫婦ゲンカ     35
20位 1万ドル以上の借金 31
21位 担保・貸付金の損失 30
22位 職場での責任の変化 29
23位 子どもの独立  29
24位 親戚とのトラブル 29
25位 自分の輝かしい成功 28
26位 妻の転職や離職 26
27位 入学・卒業・退学 26
28位 生活の変化 25
29位 習慣の変化 24
30位 上司とのトラブル 23
31位 労働時間や労働条件の変化 20
32位 転居        20
33位 転校        20
34位 趣味やレジャーの変化 19
35位 宗教活動の変化   19
36位 社会活動の変化   18
37位 1万ドル以下の借金 17
38位 睡眠習慣の変化   16
39位 家族団欒の変化   15
40位 食習慣の変化    15
41位 長期休暇      13
42位 クリスマス     12
43位 軽度な法律違反   11

結果はどうでしょうか?

一年間の出来事のストレス値の合計が300点以上の人の約8割、そして
200~300点の人の過半数が、心身に何らかの変調をきたしているという
結果が出ているとのことです。

ヤバイ!と思った方、もしかすると、
頑張らなくてもいい時期かもしれませんね。

また、数字が高いからといって必ずしも問題が起きるわけでもありません。
ストレスは解消できるものでもあります。

ストレスがゼロの人なんていません。
ご自身のストレスの解消方法をよく知って、
より楽しく生活していきたいですね。

http://solanoiro.com/

関連する記事はこちら