テニス・ブーム

錦織選手の大活躍のせいかテニスブームのようです。
コートの予約もなかなか取れません。

 

うちのオフィスもテニス・ブームです。
正確に言えば「エースをねらえ」ブームです。
今日も、その会話が・・・

 

もしも、淳子さんがお蝶夫人だったら・・・
出勤する度に「社長、ごきげんよう」
「社長、できるようになったわね」
「社長、恥を知りなさい」
「社長、ついてきなさい」・・・・・・
名物秘書になりそうです^^;

 

もしも、貴子さんがお蘭だったら・・・
「じん。電話です」
「じん。くやしい。あたしの仕事だったのに」
「じん。今度、ひとまえでお兄さんって呼んでいい」
意外とお蘭が一番かわいいかも^^;

 

というわけで、大して役に立たなそうなブログを書いてしまいました。

 

P.S.
個人的には宗方さんモードで仕事をしてみたいです^^
「二度と素質などという言葉を口にするな」ってな感じで。

 

Vol.120「やりたいことが見つかるとき」

♪────────────────
未来は変えられる。
あなたも幸せになれる!

────────────────♪
幸せのヒントを配信するメールマガジンです。
恋愛、結婚、仕事。あなたが楽しく笑っていられますように。
そしてその笑顔がまわりにも広がっていきますように。
スマイル・スパイラル。
そんな願いをこめてお送りします。
─────────────────
Vol.120「やりたいことが見つかるとき」
─────────────────

 

こんにちは。
清水 空です。

 

2015年最初のメールマガジンです。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

新年の目標を立てながら、
「本当に私がしたいことは何だろう?」
そう考えた方もいるでしょう。
生きることは、迷うことでもあります。

 

自分のやりたいことが見つかる時。
それは意外と「ひとりのとき」だったりします。
悲しいくらい孤独な時であったり
やること全て裏目に出ている時であったり。

 

ひとりのときは、考える時間が増えます。

 

ぼーっと歩きながら、いつもと違う景色を発見したり、
ちょっと目を引かれたことをやってみたりできます。
色々と自由にできるから、自然とやりたいことが見つかります。

 

ひとりの時間って、実はプレゼントなのかもしれません。

 

本当にやりたいことが知りたくなったら、
ひとりの時間を作ってみませんか?
きっと大切なものが見つかりますから。

 

清水 空

 

P.S.
あなたの迷い、私は応援します^^

 

やりたいことが見つかるとき

Merry X’ mas !

Vol.119「男を見る目」

♪────────────────
未来は変えられる。
あなたも幸せになれる!

────────────────♪
幸せのヒントを配信するメールマガジンです。
恋愛、結婚、仕事。あなたが楽しく笑っていられますように。
そしてその笑顔がまわりにも広がっていきますように。
スマイル・スパイラル。
そんな願いをこめてお送りします。
─────────────────
Vol.119「男を見る目」
─────────────────

 

こんにちは。
清水 空です。

 

「だから言ったでしょ。
 あの男、やめといたほうがいいって。
 ほんと、男を見る目ないなー」

 

恋人と別れたばかりのAさんが、
友達からそう言われたそうです。

 

男を見る目。
あったほうがいいように思えるかもしれません。
でも、あればHappyというわけではありません。

 

不思議なことかもしれませんが、
Aさんのように「見る目ないね」と言われる女性のほうが
幸せな未来を手に入れることが多いのです。

 

それもそのはず。
「見る目ない」と言われる女性は楽観的です。
男性に、明るい未来を期待してくれます。
そんな女性の優しい応援が好きな男性は多いものです。

 

ひとり、ふたり、相性の合わない男性と出会ったとしても、
そう遠くない将来に、素敵な出会いが訪れます。

 

本当は「男を見る目がない」のではなくて
チアリーダーのように元気を与えてくれる女性なのです。

 

清水 空

 

P.S.
100人に否定されても、あなた一人の応援^^

 

男を見る目

Vol.118「朝のカブトムシ」

♪────────────────
未来は変えられる。
あなたも幸せになれる!

────────────────♪
幸せのヒントを配信するメールマガジンです。
恋愛、結婚、仕事。あなたが楽しく笑っていられますように。
そしてその笑顔がまわりにも広がっていきますように。
スマイル・スパイラル。
そんな願いをこめてお送りします。
─────────────────
Vol.118「朝のカブトムシ」
─────────────────

 

こんにちは。
清水 空です。

 

「夏休みの宿題は、午前中の涼しい時間にやっておきましょう」
子供の頃、よく言われた言葉です。

 

さすがにこの年齢になると宿題はありませんが、
先日少し早起きして近所を歩いてみました。

 

前から歩いてくる男性がいましたが、
急に屈んでアスファルトに手を伸ばしました。

 

近づいてよく見ると、道の上にカブトムシが歩いていて、
それを捕まえていたのでした。

 

私より明らかに年上の男性ですが、
目は少年のように輝いていました。

 

私 「カブトムシですか、めずらしいですね」
男性「ええ。よかったら息子さんにいかがですか?」
私 「私に息子がいるってよくわかりますね、エスパーですか?」
男性「ハハハ」
私 「ありがとうございます。お言葉に甘えて遠慮なく」

 

朝の時間は少し別世界です。
見ず知らずの方と挨拶することも多かったり、
思わぬプレゼントを頂いたり。

 

日が高く上っている時間帯よりも、人の心に触れられて、
ココロがポカポカします。

 

朝は涼しいだけでなく、一日のうちでいちばん
“あたたかい”時間なのかもしれません。

 

清水 空

 

P.S.
ちょっとだけ早起きしてみましょう^^

 

朝のカブトムシ

1 2 3 4 5 6 49


メルマガ購読・解除
 
  • 2017年8月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031